NCRM NICHEは、再生医療分野に焦点を当てた国際学術イベントです。2006年より毎年10月に インド・チェンナイにて開催しており、2017年以降はその場を東京に移し実施しています。 当イベントでは、国内外から厳格な審査により選抜された優秀な学生や学者を招聘し、特別講演、 クイズ大会、研究発表などを行います。 再生医療は医学に限らず、工学や薬学などの多様な分野が関連する境界領域であるため、様々な専門分野の学生が集まります。当イベントの実施目的は、参加者らがボーダーのない再生医療分野に おいてネットワークを構築させ、新たな共同研究や発見を生み出すプラットホームとなることです。 過去の参加学生の中には、国内外名門校への進学者や臨床医として各分野の第一線で活躍している者などもおり、今後の再生医療分野における国際的なコラボレーションの展開が期待されます。

NCRM NICHE 2019

【大会内容】NCRM NICHE 2019は主に以下のコンテンツで構成されています。

1. Fujio Cup Quiz(FCQ:生命科学、バイオテクノロジー、獣医学、歯学、医学等を専門とする学生のための再生医療に関するクイズ大会。NCRM NICHEのWEBページよりエントリーした各国の学生がオンライン上で試験を受け、その成績により選抜された学生のみがクイズ大会に参加できる。クイズ大会の上位入賞者には賞金が授与され、更に渡航費がカバーされる。

2.特別講演:再生医療の分野で活躍する国際的に著名な科学者や臨床医によって行われる講義。

3. 研究発表セッション:再生医療に関連する基礎研究やトランスレーショナル・リサーチ、臨床研究について、学生等が独自の研究結果を発表するセッション。

日付:2019年10月14日(月・祝) 

*大会自体は3日間(10月14~16日)
場所:芝浦工業大学 豊洲キャンパス 
言語:英語 (特別講演のみ日本語同時通訳あり)

若手研究者の国際交流会の発表の登録希望者ここクリック。 登録が上のリンクでできない場合。 抄録をワードファイルで <yosimi@sic.shibaura-it.ac.jp>に送ってください。

【2019年ゲストスピーカー(3名)】
スピーカーの紹介サマリーページ:
https://www.ncrmniche.org/ncrmniche2019/speaker-profile.html

江藤 浩之 先生
京都大学(日本) iPS 細胞研究所 臨床応用部門 教授
講演時間:10月14日 10:36~11:35頃
タイトル:Platelets using iPS cell technology; large scale manufacturing
(iPS細胞技術を用いた血小板; 大規模製造)
Further info

Prof. Maria Cristina Nostro (マリア・クリスティーナ・ノストロ先生)
McEwen幹細胞学会(カナダ) 研究員、トロント大学(カナダ) 生物学部 助教授
講演時間:10月14日 15:21~16:20頃
タイトル:Modelling human beta cell development with pluripotent stem cells
(万能性幹細胞を用いたヒトベータ細胞発生のモデリング)
Further info

Prof. Jurgen Hescheler (ユルゲン・ヘシェラー先生)
ケルン大学(ドイツ) 病理学 教授
講演時間:10月14日 16:21~17:20頃
タイトル:Stem cells for regenerative medicine and anti-aging
(再生医療とアンチエイジングのための幹細胞)
Further info

【関係機関】
共催:日印再生医療センター(NCRM), 社会福祉法人江戸川病院, 学校法人芝浦工業大学(SIT)

学術協力:
German Society for Stem Cell Research (GSZ), Cologne, Germany
Training Program in Regenerative Medicine (TPRM www.regenmedcanada.com), Canada  
Edogawa Evolutionary Laboratory of Science (EELS; www.eels.tokyo)

後援企業:有限会社ジーエヌコーポレーション